2017年8月16日水曜日

『安全なシャンプーを選ぶ意味とは?』




『はじめに答えありきで』


キレイ髪と安心・安全にこだわってきたエムドゥ.がオープン以来ずっと探し求め、たどり着いたシャンプーは、

【Badens -バーデンス-】です。


それ以外のシャンプーは取り扱いませんし、選択の余地もありません。

そのワケをお話したいと思います。


『七夕の日に髪を洗うと髪が美しくなる』


髪を洗う日常的習慣がなかった頃にあった言葉だそうです。

日本にはもともと洗髪によって髪を美しくするという概念はなく、髪結いの時代で月に一回洗髪し、油で艶を出すというのが一般的でした。

大正~昭和初期に白土・粉石けん〜固形シャンプーの登場、昭和40年代半ばに家庭用シャワー付風呂釜の普及に加え、

石鹸シャンプーから界面活性剤の液体シャンプー発売によって、日本人の習慣に日々のシャンプーが定着していく事になります。

・・・そして現在、この日常化した習慣が、様々な問題の原因になっているのです。

【薄毛大国ニッポン!】


薄毛に悩む日本人は現在1.800万人いると言われてまして、1982年には人口比15.60%だった薄毛人口が、現在26%を超え、4人に1人が薄毛に悩んでいます。

ではここで世界(薄毛)ランキングなど。


第1位 チェコ   42.79%

第2位 スペイン  42.60% 

第3位 ドイツ   41.24%

第4位 フランス  39.10%

第5位 アメリカ  39.04%


と、欧米諸国が軒並み40%近い割合で独占してます。

遺伝も強く影響すると言われていますが、一番は食文化で、肉食・油過多・アルコール摂取量・肥満などが原因だと指摘されています。

日本は世界14位ですが・・・アジアではトップです。

薄毛遺伝が少ない人種であり、時代の変化によって人々の生活は豊かになりました。食の栄養状態も衛生状態も良くなりましたが、、、何故でしょうか?

・・・この原因のひとつが『シャンプー剤』にあるのです。間違いなくホントに。


【あなたを守る!0.02mmの壁】


人間の体の表面を覆っている皮膚には、紫外線や乾燥、雑菌などの外部刺激を防ぐと同時に、肌の水分が必要以上に蒸散するのを防いでくれる働きがあります。

わずか0.02㎜の厚さの角質層による、バリア機能といいます。おいそれとは体内への異物侵入はできません。

すごいぞ!肌バリア!

しかし、、例外があるのです。大きく3つ、肌バリアを通過してしまうものが。


・経皮吸収型製剤(ex.ニコチンパッチ 医薬品)

・化学兵器(ex.サリン 毒ガス)

・界面活性剤(ex.洗剤・化粧品 )


そうなんです、界面活性剤は肌バリアにとって厄介者なのです。今回の場合洗剤ですので、洗浄力を持った界面活性剤が極めて肌に負担をかけているんです。

皮膚は外からの刺激を受けると、自らを守るために厚くなったり、硬くなったり、黒くなったりして防御します。

頭皮も皮膚です。シャンプー剤の洗浄力によっては皮脂を根こそぎとってしまうと頭皮はその環境を守ろうとより皮脂をだそうと皮脂腺が発達します。その際、髪の成長に必要なエネルギーがそこに使われます。

また、洗浄成分は肌にいる常在菌まで死滅させてしまいます。無菌の畑では作物は育ちません。自然も人間も一緒です。

加えてシャンプー剤の中の界面活性剤はじわじわと肌バリアを壊していきます。アレルギーの原因となるアレルゲンの侵入も許してしまうことになります。

また、毎日使う方が多い現在、髪(頭皮)を洗うコトによる肌細胞死滅のスピードに肌再生が追い付かなくなってしまうのです。

世の中のシャンプーのほとんどが洗浄力を持った界面活性剤使用品です。ではこの肌に触れる成分、それほど危険ならもっと問題になるんじゃないの?

・・・はい、実は合成界面活性剤の安全性については議論され続けてきたんです。。


【ただちに影響はない!(でもいつかはある)というロジック】


日本て、このパターンが多いですね。。シャンプー剤の刺激について、本当は国も研究者の方々も分かってるんです。

洗剤の界面活性剤の安全性については、1961年の化学会社によ作業員13名の皮膚炎、硫酸系台所洗剤を使用したことによる内臓障害の訴えなどが洗剤有害説のはじまりで、

長い間、東京都立衛生研究所による『無害ではない』発表に対し、厚生省『通常使用では問題ないがよく洗い流す事』と発表し平行線のまま解決せず。

以降、乳児の一口の誤飲による死亡事故と、主婦が自殺目的に飲用したが、後遺症なく生還という両極端の結果からもその危険性と安全性の議論は分かれ、

その後、催奇形性・染色体異常・突然変異誘発性・精子に対する影響など専門家と政府との間で議論されてきましたが

結果、研究者は有害!政府は無害!という見解になりました。

更に現在、どうなったかというと、『洗剤は洗い流す事が前提なので、人体にただちに影響があるものではない。』とあやふやなまま、議論は賛否両論に分かれ、人体安全性についての問題ははっきりせずに

なぜか合成洗剤の有害説は環境問題にテーマがすげ替えられてしまっています。


【結論!安全な界面活性剤使用のシャンプーで洗えば良いのです。】


エムドゥ.がバーデンスを選んだ理由は、人体への危険性が専門家に指摘されながらも曖昧な結論のままの合成界面活性剤ではなく、安全な界面活性剤を独自開発(世界で唯一)し、使用していることが挙げられます。

そしてその安全性を科学的に実証していることに加え、一般的に流通しているシャンプー製品比較しても、その性能が高いこともポイントです。

・泡立ちが良い(洗浄力も十分ある)

・すすぎ時にきしまない

・肌への刺激が極めて少ない

・眼への刺激が極めて少ない

・地球にやさしい

広告での謳い文句で、赤ちゃんでも使えるとか、皮膚科医が薦めるとか、やさしいとか自然派とか、ただのイメージだけであって、裏付けのないものばかりですが、バーデンスは違います・・・とかいっても、世の中のマーケティングによる『ウソ』が聞き飽きてしまった方々には、同じに聞こえてしまうかも知れませんね。

なので、僕から皆様にお伝えすることはこれだけにします。


『もう、新たに出会う必要がなくなった。最後の出会いに違いない。』

そう思える、唯一のシャンプーです。

本当です。



追記です。

これ以上の安全性や環境への影響を気にされる方は、湯シャンでお願いします。



千葉県船橋市本中山2-23-5 1F
総武線【下総中山】駅 北口 徒歩1分
白い壁の窓に落書きのあるお店です。
☏ 047-333-1868

『空気がキレイなお店』認定店
『低刺激性液体洗浄組成物』受講
☆ダイヤモンドマイスター認定☆

バーデンス正規取扱い店
VIN商品正規取扱い店
2470正規取扱い店
レドックスシリーズ正規取扱い店
サリール正規取扱い店
コンデンス正規取扱い店



2017年7月30日日曜日

【病は気から】の話




『髪とお肌の未来を守るヘアーサロン』

 hair エムドゥ.代表 ハヤトマサルです。

今回は【ストレス】をテーマにしてみようかなと。


『お客様との会話』で少なくない、こんな話題。

「原因はストレスですね。とりあえず薬出しときますので様子見てください。」と医師に診断された、という話。

僕個人の素人感想ですが、原因が分からないから無難にストレスとしておこう、と聞こえてしまうんです。

しかも(原因が特定できていない状態で)そこに薬を処方するなんて、いかがなものかと感じてしまい、嫌な気持ちになるんですよね。


※余談です。一応、ストレスとは以下の分類の総称です。

・ウイルスや細菌による生物学的ストレス

・紫外線や電磁波、放射線などによる物理学的ストレス

・農薬や食品添加物、薬や環境ホルモンなどの化学物質による科学的ストレス

・人間関係や仕事、社会的順応や将来の不安などによる精神的ストレス

これじゃ、どんな症状の原因にもなりますね。。


皆さんはどう思われたでしょうか?

僕は今回、この『とりあえずストレス』診断に一石を投じようと思います。


さて、『病は気から』という言葉がありますが、

コレ、実は神経系と免疫系の双方の関わり方による効果として、分子レベルで実証されているんです。

プラス思考は自己免疫力を高めてくれるということです。偽薬によるプラセボ効果なんかがそうですね。

ではその反対、否定的な思考によって起こるマイナスの効果は【ノセボ効果】というそうで、

たとえは改善が見込める治療であっても「効くワケないよ…」という気持ちで臨むと全く効かないという結果が出るそうです。マイナス思考も身体に影響を及ぼすということですね。

気持ちがこんなにも体調に影響するんだ。。という事を踏まえてストレスとは?と続きます。


ではいきなり【ストレス】の正体に焦点を当ててみます!

ストレス社会のストレス問題。この目に見えないものが健康被害の原因として一般に定着して長いですが、

実は【ストレスが健康に害を及ぼすメカニズムとその対策】は意外な結果で判明してました。

こんな研究結果があります↓


簡単に説明すると、

『ストレスが健康を害するわけではなく、

ストレスが健康を害するという意識が健康被害を生む。』


ということです。

えーっ?、、、ですよね。


でも、僕はすごく納得でした。

この研究データをみると、アメリカの実験で3万人の成人動向を8年間調査し、

『去年どれくらいストレスを感じたか』

『ストレスは健康に害を及ぼすと信じているか』

というアンケートを実施し、のちに公開された死亡データとアンケートを比較したところ、

昨年強くストレスを感じていた人の死亡率が43%高く、かつその全てがストレスと健康被害を信じていたひとであり、

同じく昨年強くストレスを感じたひとでもストレスと健康被害を信じていない人たちは、ストレスを感じないグループよりも更に死亡リスクが下回る結果でした。

・・・まさに病は気から、ではないでしょうか。

人はストレスを感じると、心拍が上がり、呼吸も早まり、あぶ汗をかいたりします。

これらの肉体的変化はプレッシャーに対応できない状態で、不安の表れと考えられてきました。

でもこの不快症状が実は体に活力を与え、ストレスに立ち向かう準備活動だとしたらどうでしょう?


・・・ちょっと想像しにくいと思うので、スポーツを例に挙げて説明してみます。


●Aさんはスポーツ好き・ワクワクドキドキ・ストレス発散できるという。

●Bさんはスポーツ苦手・緊張ドキドキ・プレッシャーからストレスを感じる


AさんもBさんも心拍は上がり、呼吸も早まるという状態は同じですが、

精神的な状態が違い、もう一つ、身体反応として血管の収縮が違うそうです。

深い洗脳のように『ストレスは体に悪い!』と信じ込んでいる方が多いかと思いますので大変難しいとは想像できますが、

重要なのはとっても大胆に心の底から思い切りアレを全否定することなんです。

そうです、、、

『ストレスが健康を害するは、間違いだった』と。


むしろBさんが感じているストレスは有用なもので、高鳴る鼓動と呼吸の早まりは苦手なことにチャレンジに備える体の準備であり、脳により多くの酸素を送り込んでいると。

この記事を書いていてふと思い出しました。

僕世代にはとっても有名な、プロテニスプレーヤーのジョン・マッケンローが現役当時、試合でベストなパフォーマンスを発揮できなくなったのは、どんな大舞台であっても緊張しなくなったからだと言ってた話。

マッケンローに限らずスポーツ選手や何かにチャレンジする人は、緊張(ストレス)を有用に利用しているんですね。納得。


話を戻しまして、


『ストレスは日々の生活なかにあるチャレンジに対して有用なもの』


と、気持ちがシフトできたひとはストレスに対する身体反応の仕方が変わったという結果が出ています。

普通、ストレス反応では心拍数が増え、血管が収縮するので慢性ストレスが心臓病の原因とされてきましたが、

ストレスは有用なものと理解したひとを対象としたストレステストでは、心臓は高鳴りますが、心血管は収縮せずにずっと健康な状態、喜びや勇気を感じるときの状態に酷似していると結果がでたそうです。


・・・こうなってくると、冒頭の医師の診断は患者の症状を改善どころか悪化、もしくは最悪の結果を招く可能性を内包していると言えるでしょう。

実際、アメリカの研究チームは死亡者数を8年間追跡し、18万2千人がストレスからではなく、ストレスが体に悪いと信じた事によって死期を早めた、と発表してます。


『結論。お医者さんへ→むやみにストレスとか言わないで。』←古いよ!そしてダサい。


いかがでしょうか?僕の拙い文章で伝わりましたでしょうか?

ストレスと健康被害は無関係ということは数年前から耳にしていましたが、なかなか誰かに上手く説明できるようにはまとまっていなかったので、文章にして整理がつきました。

オキシトシンホルモンの事にも触れたかったのですが、それはまた別の機会に。


皆さまのストレスに対するイメージが少しでも変化して

願わくばストレスとお友達になっていただけたらと思います。



追記。

ストレスと髪の関係について付け加えておきます。

『ストレスは抜け毛や白髪の原因になる』←ウソ

この辺もまたの機会に。


千葉県船橋市本中山2-23-5 1F
総武線【下総中山】駅 北口 徒歩1分
白い壁の窓に落書きのあるお店です。
☏ 047-333-1868

『空気がキレイなお店』認定店
『低刺激性液体洗浄組成物』受講
☆ダイヤモンドマイスター認定☆

バーデンス正規取扱い店
VIN商品正規取扱い店
2470正規取扱い店
レドックスシリーズ正規取扱い店
サリール正規取扱い店
コンデンス正規取扱い店

2017年7月23日日曜日

【 はじめに・・・】


2006年9月に、個性の違うふたりのスタイリストでスタートした【hair エムドゥ.】も2017年の今年、12年目を迎えます。

基本コンセプトは変わってませんが、ブログ移転に伴いお初めての方もいらっしゃるかと思いますので改めましてご挨拶させていただきます。


『キレイな髪の方は来ないでください。』

という大胆なキャッチフレーズを掲げ、そうではない髪をキレイにするアイデアがある!

という活動内容のアピールからはじまったエムドゥ.


『すべては"キレイ髪"のために』

と、キレイな髪とはなんぞや?と更なる追及の方向性が、薬剤施術、ヘアケア等のテクニック面だけでなく、

見た目のキレイのためには多少は必要悪・・・と思っていたケミカルの刺激等を再認識し、髪への負担、お肌への刺激などの

リスクを最小限にするという安全の見直しへとなり、デザインだけでは到達できない本当の意味でのキレイの追及がサロン活動のテーマになりました。


『髪とお肌の未来を守るヘアーサロン』

エムドゥ.はこれまでの活動を通じて、一般的なヘアーサロンとは違うアプローチで存在価値を構築してきました。

日本に蔓延するアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー問題から肌に触れるものすべての真の安全性を

再確認する中で知ることになった化粧品業界と消費者の安全に関する温度差、医療の問題点、髪の毛は血液でできているという視点から

食と食に関する問題を知ることになり、子育て、ペット、居住環境、環境汚染etc.様々な事情が絡んで現在の日本人の生活があることがわかりました。

日本人の黒髪が減ったのは、世界一濃度の濃い水道水の塩素が原因の一つと言われています。(アトピーの原因の一つでもあります)

また、人種的に遺伝では少ないはずの薄毛に1.900万人が悩んでいますが、この原因の一つはシャンプーといわれてます。(食文化の変化も大きな原因ですが)

膨大に増え続ける日本の医療費(40兆円)をみると、病人も病気も増え続ける現実に違和感を感じずにいられないのです。

髪やお肌のトラブルもここに繋がってるのですから。


少し長くなってしまいましたが、ここでキレイ髪にこだわってきたエムドゥ.が見つけた答えをお伝えします。

生活の中にある『ほんのちょっと』の変化でいつもの生活、いつもの髪やお肌が変わるという事実です。

本当に安全なモノや事、エムドゥ.はメンバー様と共有していきたいと考えてます。


すべてはキレイ髪のために、

髪とお肌の未来を守るために。


hair エムドゥ.
代表 ハヤト マサル



追記です。

現在エムドゥ.で取り扱っている『ほんのちょっとで、いつもがかわる。』アイテムのご紹介など。

・世界一安全なシャンプー

・本当に効果がある空気清浄機

・お出汁や還元力の強い塩

・犬の嗅覚でも食品と間違える程の無添加石けん

・ダニ駆除のために生まれた除湿器

・枯草菌による肌を育てる入浴剤

・安全で機能的な化粧品類

・腸内環境を整える加工食品&未加工商品

・化学反応を利用しない、安全なホームカラー

・野菜も洗える除菌消臭スプレー
  
・・・などなど。詳しくはスタッフまで!


千葉県船橋市本中山2-23-5 1F
総武線【下総中山】駅 北口 徒歩1分
白い壁の窓に落書きのあるお店です。
☏ 047-333-1868

『空気がキレイなお店』認定店
『低刺激性液体洗浄組成物』受講
☆ダイヤモンドマイスター認定☆

バーデンス正規取扱い店
VIN商品正規取扱い店
2470正規取扱い店
レドックスシリーズ正規取扱い店
サリール正規取扱い店
コンデンス正規取扱い店